自然素材の適材適所に使用

自然素材の適性に合わせた、適切な使用で、家族に優しい住まいを、さらに特許工法の組み合わせで、マイナスイオン環境を実現し、家族の健康を増進する住まいを実現。本物の健康住宅はコストがかかる…その常識を崩壊させました。リビングなどに人に優しい呼吸力を持った杉を生かす、天然の樟脳(しょうのう)として防虫効果の高いクスの木を押し入れに使う最も腐らないという点でヒバを使う等、木材の本来の適材適所を行ない、珪藻土なら良いではなく、その中身まで確かめて使う、せっかく使ったムクの材木は、木の吸放湿性等の呼吸力を奪わないような自然素材のオイルを使ってなるべく塗装しない等、塗料等は自然塗料を使うまできっちりと安心を形にする技術をお確かめ下さい。本物を求めるご要望にお応えします。

 

壁・天井
和紙/植物から作られる和紙は調湿性も高く、繊細な風合いや手ざわりをかもしだします。
漆喰/古くから使われている漆喰は消石灰から作られ、仕上げの仕方でいろいろな表情が楽しめる塗壁です。
珪藻土/部屋の調湿作用の高いことで、有名になった珪藻土。注意点は珪藻土を自体では固まらないのでつなぎが必要な事です。つなぎに何を使っているかと焼成温度を、確認できない珪藻土は安心できないので使用は止めましょう。化学物質を含んだ接着材を使っている物も注意です。

 

素足で歩いて気持ちいい「おび杉」(厚さ3センチ)飫肥杉は、樹脂を豊富に含むため腐食しにくいという利点を活かし、造船用材として国内をはじめアジア各国に出荷されました。檜に勝る杉特有の防虫効果・通気性と防湿性などが現代病に効果があるとされる人に優しい住まいに最適の材料です。

 

壁・天井・床など

杉(赤味)

日本書記にも記されているほど、日本人との関わりは深く、ヒノキと並んで日本を代表する材木。本来水分を多く含んだ為、乾燥の難しさが最大のネックでしたが、最新の乾燥法を施した杉材は、材表面の優しさと高い調湿作用で人に優しいという観点から見るとベストと言える材料です。

杉(白太)



特有の芳香を放つ檜は、加工性も良く構造材・造作材など色よし香りよし、オールマイティーに使えます。

パイン

大きさの揃った均一性のある節がくどさを感じさせません。

サワラ

木目がきれいで色合いも美しく耐湿性に優れた建材です。

樅(もみ)

芳香性のあるテルペンやその仲間で細胞の活性化をうながしてくれる。αピネンなど天然のフォトンチッドが自然なかたちで発散されます。表面の塗装は植物性塗料を使っています。

ムク材の呼吸力をいかす為には、表面をウレタン塗装で固めたりせず、ワトコオイルなどの植物系油を使用することで、自然な風合いを保てます。
その他、ハードサイプレス、レッドシダーやタモ、ナラ、メープル、カバザクラ等のムク材もお選びいただけます。

理論上安心な施工をした上で、1棟毎に室内空気化学物質5物質を実測し、安心を確認の上、お引き渡し致します。

 

●家も人も共に呼吸できる理想的な暮らし

シックハウス症候群・化学物質過敏症といった問題は、誰もが発症する可能性を抱えているものです。重要なのは、ただ有害物質を抑えるだけではなく、身の回りにあふれる有害物質の毒性や有害細菌に負けない体をつくる事です。生活の基本である住まいの化学物質の毒性を消し、なおかつ、そこに暮らす人々の免疫力増進や体質改善に貢献するのがマイナスイオン効果です。