●シロアリに強い、宮崎のオビスギ(飫肥杉)

宮崎県産材である『オビスギ』に殺蟻成分があることが分かりました。
私たちの暮らす日本家屋においては、シロアリによる建築物の被害が多く、又そのためにシロアリに関する業者間とのトラブルも少なくありません。

その種類は、主に「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」であると言われています。
日本の木材を代表するヒノキにおいては、以前から耐久性成分や殺蟻成分が明らかとされており、ご存知の方も少なくないと思います。

又、杉材においても木材の腐りにくさやシロアリへの耐久性は知られており、建築用材や建具材等に使用されてきました。

杉と言っても様々な品種がありますが、宮崎県で主に生産されている「オビスギ」について殺蟻成分に着目した実験が行なわれた結果、その成分に「殺蟻成分」があることが明らかになったものです。

 

住む人に優しく、住まいを守り、私たちを守ってくれる自然の力、
こんな「オビスギ」をあなたの住宅にも使ってみませんか…!