清興建設は、先代が関東大震災の被害を目の当たりにし、「家を建てるのは、命を守ること」を信条としたことから、耐震というテーマに半世紀にわたって取り組んできました。ここにご紹介するパワーガードは、建物をガッチリと支える「耐震性能」と粘り強い衝撃吸収能力を有する「制震性能」を兼ね備えた、従来には存在しなかった最新技術です。

木造軸組み制震工法
耐震工法+制震工法=Power Guard(パワーガード)

建物の揺れと衝撃を抑え、建物の倒壊や家具の転倒が軽減されます。

1棟ごと「耐震性能検討書」木造住宅の耐震診断基準に基づき評価を交付。


●倒壊限界(1/10rad)まで性能を維持
繰り返し実施された実大実験により、高い減衰効果を実証済みです。●高い施工性と意匠性の維持を実現
インパクトドライバーのみの簡単な施工。
設置箇所は壁内なので、意匠への影響を最小限に抑えられます。